にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ 人気ブログランキングへ ブログランキングへ 風と陽と地をともに 妻との旅軌跡 お次はエイです…

*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お次はエイです…
ケイマン諸島には、見て回るところはたくさんあるようです。残念ながら家族旅行。その全てを見て周ることはかなわないのです。ざっと資料を片手に考えて、楽しみながら回ると1週間くらいはかかりそうですね。
一番大きなグランドケイマン島でのツアーも本当は、街観光・カメ・エイ…etc……と分けてのんびりと見て回るのが一番ですね。
さてさて…タートルファームを離れること約10分(もう少しあったかな…結構な速度です)。
バスは、一路、港へ向かいます。でも、マジック号が止まっている港ではないです。日本で言うところの猟師さんの港、というところですかね。雰囲気はあります。
バスを降りるとゲストは2手に分かれてボートに乗船します。
lrg_14332433.jpg lrg_14332435.jpg
ボートでの移動は、時間を感じます。風景が変わらないとそうなるんですね。
程なくアカエイ…のいるところにつきます。
よくよく考えれば、島のツアーに参加しているゲストは我が家だけなのでしょうか。いまだ、同じ船の日本人と一緒になったことがありません。このボートに乗っている人は、間違いなく同じ船のゲストなんですけどね。
こういうリゾートにくると紳士な振る舞いをよく見ます。それが当たり前のような自然な振る舞いと、それを受ける自然な所作に感嘆を覚えながら、息子が海に入ります。
lrg_10262981.jpg
時間を追って次々にボートはきます。今回は4艘ほど着ていました。距離は、ミニチュアに見えるほどの距離です。資料によれば、港には観光用のボートが40艘ほどあるそうで、エイの場所に多ければ20艘ほど集うことがあるそうです。時期的には、真夏が多いようです。日本などの観光客が集う時期ですね。今回は、シルバーウイークということでそれほど人は着ていません。世間的に、この時期に長期の休みのある国はそうないのです(たぶん)。
海に入る前に注意されたのは一つ尻尾に刺されないように…と、いうことです。「ボートには、一応、薬はあるけど痛いですよ」という風な説明だったとおもいます。普通に笑顔で冗談だったんでは…という感じですね。
少し海での戯れの時間。けっこう近くをエイは泳いでいきます。素直に踏めるのでは?と思います。……正確には踏みそうという感じですね。でも、ぶつかることはあっても踏むことはなかったです。
前情報では、エイの量が少ない。ということだったんですが、ボートが余り着ていないせいですかね…たくさんいます。大きいのから小さいのまで。
逕サ蜒・057_convert_20100222094343
子供の順応力はすごいものですね。
マジかを泳いでいくエイにビビッていたのに、いつの間にか追いかけるようにして泳ぐようになります。それほど泳げなかったのに、がんばって泳いでいます。何よりもライフジャケットをつけての初の泳ぎに四苦八苦しながら、がんばっています。
逕サ蜒・059_convert_20100222094719『エイの大きさがわかる?』
勝手にゲストが泳いでいる間にスタッフは、エイを確保して、撮影をしていきます。
lrg_14332631.jpg『記念撮影風景』
ここで大騒ぎになるのは、エイとのKISSです。
エイを支えているスタッフが、笑顔でかまれないようにと笑いかけてくれます。騒ぎになるだろう^^;その一言は。
笑い声が響く楽しい時間が過ぎていきます。
我が家は、息子が挑戦。でも、すぐに泣きが入ります。
まだまだ…びびりん坊です。で、愛妻が挑戦。結構こういうのは好きですね。
でも、何気に怖がっています。KISSできるのは1チーム一人ということで、俺にはお鉢が回ってきませんでしたけど…感想は、なんとも生くさい(魚)味だったそうです。
海での時間はあっという間です。
空の抜けるような青さも気持ちを大きくしてくれるのか、体力無視で遊ばせてくれます。ボートにあがるときに、一気にだるさが体を襲います。正直、目が点になります。どうしようという感じですね。
ボートに戻って、一息入れていると、息子がサングラスをボトン!
「おまえなぁ~~」という感じですが、仕方がないので再び海に入ると、エイと写真撮影をしていたファミリーのお父さんがスッと現れて、とってくれました。
なんともいえない笑顔で、明らかに東洋人相手に親指を立ててウインクを添えた「good」をくれました。それは、「怒ってやるなよ」といっているような感じでもありました。と、いうことで、息子には「もう落とすなよ」と一言。
全員の撮影が終わるとボートは港に向かいます。
と、その刹那、スコールが…。
寒いです。
いきなり夏が真冬になったような感じです。
いうならば、雨が常温じゃなくて凍り水なんです。
痛い、冷たい、さぶい。という感じです。
さっきまでの青い空、ぎらぎらの太陽はどこにいってしまったんだろう。
息子は知らない顔で寝ているし(愚痴?)。
ボートが港に向かう間、スタッフが写真のプリントについて説明に来ます。我が家は基本無条件で買います。写真っていい思い出ですよね。それを見ることでその日にトリップできるから。何よりも記念写真って行っている人全部が写っているものですから…。
カードナンバーを記載して、住所を書いて渡します。微妙に不安です。何よりも俺の汚い字で送ってもらえるのかどうかが不安です。でも、届くものです。$50です。送料を入れたら、諸外国に送るのは高くつくよね(無事届きました。)。
港からは、バスで市外観光をしながら戻ります。が、いいのかこれで?という水捌けの悪さです。グランドケイマン島は。でも、普通に過ごしているんですよね。
IMG_4454_convert_20100217094400.jpg


スポンサーサイト

テーマ : 海外クルーズ
ジャンル : 旅行

Secret
(非公開コメント受付中)

あくせすカウンター
オンライン・カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

輝hikari

Author:輝hikari
いらっしゃいませ^^
つたない文が並びます
見ていく人が一つ何かを得てくれるように
もちろん情報を落として行っていただくのもOKです^^
*旅計画が無いときは微妙に更新が止まります

最新記事
ブロとも一覧

地球一周☆地球はでっかい宝島

イケてる貴方のレディース・ファッション・ライブラリ

旅つむぎ

『Owooo』の気まぐれ日記

世界一周旅行記 ~何がおこるかわからないから旅なんだ~
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
ページランク一括Checker
ページランク一括チェック
Present's by サンエタ
リンク
RSSリンクの表示
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策 SRS私設私書箱センター(電話) FC2ブログランキング FC2クチコミ広告 FC2プロフ 国内格安航空券サイトe航空券.com 旅ポケドットコム 12カ国語達人のバイリンガルマンガ 英会話スクールWILL Square FC2PIYO  無料・レンタル・掲示板 カウンター ホームページ フォーム ショッピングカート ブログ サーバー・レンタルサーバー