にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ 人気ブログランキングへ ブログランキングへ 風と陽と地をともに 妻との旅軌跡 思い返せば・・・

*All archives* |  *Admin*

2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思い返せば・・・
旅の準備を進めるとき、一度訪れたことのある場所の思い出って鮮明に蘇ったりします
私にとって、オーランド(フロリダって・・知っているよな^^;)はそんな場所です。
これを読んでくださっている方の思い出の場所って…質問したらコメントに残してくれる人はいるかな?
世界的なリゾート都市。オーランドには、ディズニーワールドをはじめとして、幾つものテーマパークが存在しています。いつかは、って言うか、さっさと全部見て回りたい気持ちは有りますが、ツアーで用意されているような、慌てた時間は嫌いなので、どうしても細々とした設定が必要となってきます。
・・・・・まぁ、そのおかげでブログが毎日更新できたりするんですけど。
今回の旅行に関係のないことを踏まえつつも、次の旅行につなげたり、過去の旅行の情報が役にたつと嬉しいな。と、過去の話は、そんな事ができたんだ・・になるかもしれないけれど。


追憶 過去の一幕 結婚式②

フロリダに到着して2日目。滞在時間的にはまだ初日気分ですけど。朝が早かったです。と、いうか、午前3時。朝でいいのだろうか?。
子供たちを寝かして、妻はフェイシャルエステが開始されます。こういう様子を見ると、女性って大変ですよね。もしかしたら男がないがしろにされているのかもしれないけれど…。
そういえば、前日の衣装合わせで、衣装の『ブライダル・アライ』で担当してくれた方と妻が話していた内容に、着ていて華やかが良いか、残るものが華やかが良いか、というのがあった。
何の話をしているのかよくいわからなかったが、到着したドレスを見てもやっぱりよく解らなかった。
跡で聞いた話だが、ドレスの装飾をしているビーズの種類の話だという。結果として我が家は、後者を選択したのだが…妻が選択したんだけど、映像になって初めて何を言っていたのか解った。写真撮影や挙式の時には全くわからなかった輝きが写真にはあった。へ~っと驚きが。もちろん、カメラマンの腕もあるんだろうけどね。
(後日写真をいれます^^)
フェイシャルエステに、メイクにと妻の準備はパタパタと続きます。その間に私は、届いた衣装を着るだけ。誰も手伝ってくれないので、自分でチャカチャカと準備を進めていきます。って、手伝われても困るけど…。
私の服が整う頃…ベビーシッターさんが登場。息子の為に手配をしてもらったのです。こっちも根性があるけれど、向こうも根性があるよね。お互いの意思疎通は電子辞書だけ。それも、子供に委ねた状態で。でも、そこは、プロ…しっかりとコミュニケーションをとってくれていました。
子供たちは、シッターさんに任せて、私たち夫婦はロビーに。
道々、すれ違うスタッフが「コングラッチレーション」と声をかけていってくれます。その声に「さんきゅ~」ともろに日本語的英語のつもり返事をしていくと、普通に宿泊しているゲストまでも声をかけてくれます。
同行してくれるアライのスタッフさんが、結婚式に遭遇した日は、ラッキーデーとして喜ばれていますと説明してくれます。見知らぬ人であっても、その幸せを共に願うことで、自分たちも幸せな気持ちに成れるから、と。時々、写真をとる人もいますけど笑顔で応えてあげてくださいね、とも。
早朝にもかかわらず、何組ものゲストに声をかけていただいて、ホテルの正面玄関に出ると、写真撮影のためのスタッフが来ていました。美人カメラマン、そんな敬称がよく似合う方です。
彼女の運転するバンに載せられて、向かうはマジックキングダム(MK)のスタッフ通用門。正面から入らないんだ…と、思っていると検問。
怖い感じを漂わせる体格の良いガードマンが車内を覗き込んで、中を確認します。妻には、笑顔を見せて、祝いの言葉を。って、俺にはくれないのか?と思っているうちに、初体験MKのバックグランドツアーに出発(そんなツアーは無いはずです)。
道々、カメラマンとの会話に、いま(2004年)娘さんが東京ディズニーランドでシンデレラをしているんだとのこと。すごい偶然がここにも。
程なくパーク内にバンは侵入して、写真撮影のポジションに。
基本的にはシンデレラ城の付近です。シンデレラ城これは昼間ですけど…。
撮影は、花嫁さん中心。当たり前のように眺めていたりすると、パークスタッフの動きに疑問が…。
尋ねてみると、写真撮影の為に、掃除をするスタッフは増員されたうえに、写真うつりをよくするためにサポートしてくれるスタッフが来ているとの事。ビデオをまわしていた私に気づいて、車類(音が出る機材)も全てとめてくれたりと、至れり尽くせり。
この準備をしてくれたミッキーネットのアツコさんに感謝。
意外にこれがここでの基本スタイルかもしれないけれど…ホントか嘘かは別にして、この時教えていただいた事を幾つか紹介すると…
①シンデレラ城で撮影ができるのは、その日リゾート内で挙式をする8組のうち1組
②雨季なので必ずしも予定した撮影ができる保障は無い(シンデレラ城内部での撮影はあり)
③挙式の申し込みは遅くとも2年前までにしないと、希の日にはできない
④シンデレラ城付近での撮影は、遅くとも4年前には予約を入れないと確保できない
⑤7色に変わるシンデレラ城全てを撮影できる保障はない
⑥予告無く写真撮影がなくなる可能性がある(この段階で、日本ではなくなってた)
などなど・・まだまだあるみたいですけどね。
写真撮影は、メリーゴーランド。動かしてくれたんです。スタッフは『テスト』といってくれましたけど、わざわざ。嬉しいですね。色んなところにある気遣いが。
花嫁が終わると花婿が参加。で、メリーゴーランドは止まると。ここでも、女性優先か?
で、シンデレラ城の前で撮影。何色取れたかは、秘密ということで。
で、シンデレラ城へ潜入。カメラマンの醸し出す雰囲気って不思議なもので、時間の経過を忘れるように愉しい時間が過ぎていきます。でも、時々、それは無理でしょ?というポージングを要求されたりと、おまけもありますけど、望む画が取れないと続くプロ根性も見られます。
スポンサーサイト

テーマ : 旅の思い出
ジャンル : 旅行

Secret
(非公開コメント受付中)

あくせすカウンター
オンライン・カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

輝hikari

Author:輝hikari
いらっしゃいませ^^
つたない文が並びます
見ていく人が一つ何かを得てくれるように
もちろん情報を落として行っていただくのもOKです^^
*旅計画が無いときは微妙に更新が止まります

最新記事
ブロとも一覧

地球一周☆地球はでっかい宝島

イケてる貴方のレディース・ファッション・ライブラリ

旅つむぎ

『Owooo』の気まぐれ日記

世界一周旅行記 ~何がおこるかわからないから旅なんだ~
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
ページランク一括Checker
ページランク一括チェック
Present's by サンエタ
リンク
RSSリンクの表示
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策 SRS私設私書箱センター(電話) FC2ブログランキング FC2クチコミ広告 FC2プロフ 国内格安航空券サイトe航空券.com 旅ポケドットコム 12カ国語達人のバイリンガルマンガ 英会話スクールWILL Square FC2PIYO  無料・レンタル・掲示板 カウンター ホームページ フォーム ショッピングカート ブログ サーバー・レンタルサーバー