にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ 人気ブログランキングへ ブログランキングへ 風と陽と地をともに 妻との旅軌跡 2009年旅 クルーズ編

*All archives* |  *Admin*

2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビジターコンプレックス…
さてバスは、展望台を離れ、敷地内を走っていきます。驚くべきは、野生動物の多さですね。触らないように注意を受けるのです。危険というよりもどんな菌があるかわからないから…という説明でしたが…俺のヒアリング力は大丈夫か?という感じですね。自然にあるべきままに、ということらしいですけどね。その所為とは言い切れないと思うのですが、道路脇にある川?水路?にはワニの多いこと…違う意味危ないですよ^^;

123161348271016423987_convert_20100312085225.jpg
ちなみにこれは展望台からです。前回UP分に含まれている道ですね。奥に見える二本棒が立っている建物からロケットやシャトルが出てきます。それを乗せた運搬車が走るのがアスファルトに見えない方の道です。車にしてみれば片側8車線だったかな^^;記憶がロストです。向こう側と二本を使って運搬するのです。対抗二方向ではなく、一方向です。
向こうからでて、この展望台の近くを通って
fl00025.jpgといくのです

applo_ship.jpg
ということで、展望台を後にしてアポロの展示されていくところに行きます。
宇宙ロケット「アポロ」。アポロ計画とか、映画が有名なキーワードですよね。聞きかじりだけで色々な夢が膨らんだのは遠い昔のことですかね。夢だけではなく、現実も見られる年齢になってからの実物との対面ですが、息子は何を感じるのかな…。
脱線はともかくとして、ここに飾られているアポロは本物です。つまり、計画が中止になったアポロですね。時の大統領が中止を決定したということですが、そのおかげで本物が見られるということです。考えてみれば、ロケットは消耗品ですよね。当然ながら、現物があるということは…。
レプリカとの違いは実際は俺にはわかりません。
IMG_4624_convert_20100309095717.jpg
てなわけで、記念撮影。息子撮りです。
はっきりといってでっかいです。入るなりで迎えてくれるのです。でも、観光客の量は少ないので、のんびりと撮影ができます。最近は、息子が写真を撮ってくれるので、旅の中の写真に俺が増えています。上手くなっていくのは良いけれど、寂しくもありますね。
ここは、興味ある方にとっては、とっても宝の山ですね。一つ一つ丁寧に見ていくと一日かかりそうですよ。でも、今回はツアーなので、す~っと流れていきます。○近さんの説明を受けながらね。
知っている人がいると、ポイントを教えてくれるのでどうしても早くなりますね。発見はその分少ないかもしれませんけど、満足の良く結果は得ることはできます。でも、気になる方は、スッと流れて、もう一度バスに乗るとここに戻ってこれますから。もしくは、ガイドの方とはここで別れてもOKですよ。ここから乗るバスは、宇宙センターに入っていくツアーを申し込んでいないかぎり、スタート地点に連れて行ってくれますから。
ロケットの横には…

逕サ蜒・095_convert_20100312092342これが置かれています
ロープで囲まれているこのスポーツカー、実は宇宙飛行士の憧れの一つだったそうです。過去形ですね。今の人の情報までは残念ながら聞けなかったので…。この車が、なぜ、アポロの横にあるのかといえば…アポロの宇宙飛行士に関係するからです。
宇宙に行って、無事に地球に帰ってきた宇宙飛行士は、なんとこの車をレンタルできるのです。死ぬまで…。
くれたらいいのに~というところでもあるんですが、税金で買い与えるのも…ということで月1$となったそうです。考えられた話ですね

で、車の脇を抜けると、歴史を紐解くように色々な情報が、紹介がされています。
逕サ蜒・096_convert_20100312092543『月面車両のキャタピラ』
説明は、○近さんのお仕事。実に詳しいです。わからないことはさっと資料を読んで訳してくれますが、○近さん、アメリカに着いたときは全く話せなかったそうです。習わなくても生きていくために身につくものと笑っていました。って、余談です。
進んでいくと…
IMG_0769_convert_20100309095341.jpg IMG_0772_convert_20100309095444.jpg 123161336457816217952_convert_20100312102240.jpg
とまぁ、見て回れます。
逕サ蜒・097_convert_20100312092722
おいてある月の石も触ってみたりして…。触れるんですけどね。
で、ここで○近さんは離脱です。
後は半日のんびりしてください…とのことですが、見るところが終わると、他にする事もなくて…食事時間だけを貰うことにしました。実際に、この日は、暑いです。建物の中と外の温度差は・・驚くほどです。正直、ばてますよ。
で、食事タイム…ですが。
fl00024.jpg
何処でもそうですが…ポテト多いですね。
ACTでは、シャトル発射のツアーも扱っていますよ。高い確率で○近さんが対応してくれるそうですよ。ホントいい人です。個人をコールできるなら、お勧めですね。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 海外クルーズ
ジャンル : 旅行

NASAです
逕サ蜒・092_convert_20100309102629NASA
無事に着きました。って、当たり前ですけどね。案内人がいるんですから。
この日NASAは開放日で人が多いのです。と、いっても、それに対応しているそうなんですけどね。
駐車場は、業者専用のスペースに止まります。当然ながら、長蛇の列を横目にサッととまるのです。
正面ゲート…では、チケットカウンターがあります(チケットはここでも買えます)が、この日は、開放日ということで素通りです。地域の人でなくても素通りのようです。いちいち確認するのは大変なのかな?という感じですね。チケット売り場の横を抜けて最初に入るのがインフォメーションセンター。詳しくは⇒ACTのHPの地図を参照に…
インフォメーションセンターは、暗いです。外の陽射しの関係でサングラスをしていたのですが、真っ暗という感じですね。すぐに目はなれますが、俺の場合は度が入っているので、外せばよいというものでは無いのです。ここで持ち物検査があります。最近は何処に行ってもおいですね。
持ち物検査を抜けるとカウンターがあるので必要な方は個々でパンフレットを貰ってください。全部英語ですけど。
ここには、他に、ビジターコンプレックスの模型が置いてあるので、良かったら参考に見てください。
一応○近さんの説明をここで受けて、順路に沿うようにツアーにスタートです。
○近さんの案内のもとでインフォメーションを抜けるとバスツアーの集合場所になります。地図を参考にする方は、インフォメーションセンターの中を左の方へ抜けていく感じです。
バスは順に乗り込んでいき、3箇所にとまりますが、待ちの時間を使って記念写真を撮ってくれます。これはバスツアーの間に売り物として加工されるんです。
バスツアーは…

スペースシャトル組み立てビルディングや発射台を見に行くバスツアー。スペースシャトル打ち上げの全行程・開発の歴史などを見て回るツアー。バスは15分間隔で巡回している。毎日9時30分~ 最終のツアーは日没の2時間前に出発する。見るべきものが多いのでかなり時間がかかります。 ざっと見るだけでも3時間位はかかります。バス内ではビデオによる解説がながれます。
nasa_building.jpg IMG_4624_convert_20100309095717.jpg


と、いうことで、バスで移動です。
移動中は、バス内のテレビと○近さんのガイドがあります。正直言って、「日本語ガイドをどうしようかとおもっています」という問いがあれば、物は試しにいかがですかといってあげたいですね。もちろんビジターコンプレックスでもしているのですが、日本人の会社がしているツアーが良いです。向こうのスタッフと違ってしっかりとやってくれますから。あと、個人的にツアーをしている人もいるので、知っている人なら利用もありかと思います。
もちろん、当たり外れはあります。だから、絶対に不快な思いをしたくない、というのであれば、日本語ツアーは使わなくてもいけますよ。ちなみにチケットブースでは、日本語の案内機も貸してくれるそうです。
fl00025.jpg
案内話を聞いている間にもバスは進んでいきます。最初に見えるのは、展望台ですね。すっごいでっかいです。
nasa_building.jpgこの中央辺りにあるのがエンジンです…
ここは展望台になっています。この建物(写真を正面にして)の左側にシャトルやロケットを運搬する車両が通る道があります。見ると高速道路?的な大きさですが、これも非常に大きいのです。遠近感が変になりそうなのは、アメリカの広大さの所為かもしれません。比べるものがないと、大きなものも小さく見えますよね。
展望になっているのは、この建物の奥側。左前方に発射台があったりしますが、とってもミニチュアです。
逕サ蜒・093_convert_20100309102727
それはさておき、中に入るとエンジンがあります。本物だそうです。
ロケットもシャトルも作ったものが全部宇宙に行くわけではないのです。中止になったもの、壊れたものなどなど、色々な理由によって地上に残ったものがあるのです。この後に行くところもそうなんですけどね。
○近さん曰く、だから後年の私たちが見られるのです…だそうです。
残念ながら、この展望台から、発射台まではすっごく遠いのでしっかりと見て取ることはできないんですけどね。見て回るだけで楽しい時間ですね。




テーマ : 海外クルーズ
ジャンル : 旅行

NASA
この日をクルーズに入れるかどうかが問題ですが、とりあえず、入れる事にしました。DCLの旅行の一こまなので。
帰港日は丸一日開きます。でも、飛行機には乗ることができないのです。結構早朝に、飛行機は飛び立ちます。なので、流れ的に、今日はのんびりという感じです。
最初に企画していたとおりだとすれば、ポートカナベルからWDWのヨットクラブへ向かうことになるのですが、目的が欠けたので、今回はWDWには立ち寄らずに、フロリダについた日に泊まったホテルを選択します。料金的にリーズナブルですけど……この辺は、ミッキーネットのお仕事です。
色々な事を考えてみれば、プランニング力はすごいと痛感しますね。色々な新しい企画も入ってきているようなので、チョコチョコHPは見ておかないといけませんね。見ているだけでも楽しくなるしね。
さて、前置きはこのあたりにしておきますが、今回の記事は長くなるみたいなので、日付を割ることもあります。
IMG_4595_convert_20100309095618.jpg『使いまわし』

さて、港で待つこと15分程度。実際は俺のミスです。待ち合わせの場所にたどり着けなかったことと、出るのが最後だったために見つけてくれることはできなかったのです。ちなみに、まだ、雨季です。といってもスコールが降ったりとかですけどね。
今回のツアーは『あくと あめりか』というところ。ミッキーネットで頼むと大半はここになります。実に初めてきたオーランドのときからここにお世話になっています。日本人のしている会社なのでとっても便利です。
今回も担当してくれるのは、Mr.○○。実に顔を合わせて3度目になると、向こうも覚えてくれたようです。もちろんリップサービルという部分もあるでしょうけどね。で、探しまわってくれた後に無事に合流します。
「あっ!」
「おっ?お~~」
という会話が最初だったのが印象的ですね。その後に名前を聞かれて、自己紹介。
逕サ蜒・091_convert_20100309102546
で、移動です。港からNASAまでは約1時間というところかな。道々に色々な事を教えてくれます。
ケネディ宇宙センターまでは結構な速度です。周りに遮蔽物が無いせいかもしれませんが…。感想的には、本当にのどかな町です。はるか遠くに見える棒二つ…そこが目的地ですね。
詳しいツアー内容は、アクトオーランドのHPで確認をしていただくとして(オーランド観光というHPにいきますが悪とアメリカという会社に間違いありません)、ツアー内容をざっと紹介してくれますが、1時間も関わるわけではないので世間話も結構あります。これも旅の醍醐味なので、楽しんでくださいね。
同行してくれる○近さんは、元テニスプレーヤーだそうです。自己申告で「大したことはない」そうですが、根性論バリバリの昔なつかしのスポーツマンタイプです。とってもさわやかな人ですね。
そういえば、彼が久方ぶりに(ン十年ぶりに)実家に帰ったところカルチャーショックがあったそうです。
アメリカ生活が長いとおきるトラブル?かもしれませんね。
日本とアメリカでの買い物のときの店の対応の違いですけど、面白おかしく話してくれました。って、これだけだと、何のことかわからないですね。
脱線しますが…

アメリカでの買い物は、大型店が中心です。最近は日本にも増えてきていますけどね。これは、倉庫をそのまま売り場にする方法で人件費などが削減できるかとも言われていますが、アメリカではどうなんでしょうね。まぁ、そんな話は横においておいて、アメリカ映画などでよく見る光景ですが、買い物に行くと、レジを終わった商品は袋に入れられることが多いですよね。でも、これって日本では、ほとんど見られない光景です。
最初のトラブル?の原因ですね。
さらに、アメリカでは、客に対して事なったサービスは行われません。チップを付加することで、独自のサービスが受けられるようになっています。だから、サービス業の基本的な賃金は安くても成り立つのです。多くの人は、チップで補っているそうですよ…給与の不足分は。
で、日本で見られる光景ですが、少量過ぎる場合、レジ打ちの人は、客がお金を準備している間に袋に入れてくれることがあります。これがトラブル?の二つ目の原因です。
と、予備知識を披露したところで…日本に帰ってきた○近さん。実家に無事着き、買い物に出ます。欲しいものをチョイス。アメリカ式なので、カートにだば~ぁと商品を大量買い。普通すぎるが怖いですけど^^;
いくつかの商品をチョイスすると周りとの様子が違うことに気付いては見たが、家族数もあるし…と、そのまま自分の道を邁進してレジに到着。
ぴっぴっとバーコード計算をされて、料金が伝えられるので、支払いを終えます。
…………………
レジの人は○近さんを見てにっこり。
○近さんもにっこりと返してみたり。
「??」
「??」
お互いに何がおきているかもわからないまま…少しの時間が経過します。
当たり前ですが、レジの人は、どけて行ってもらいたい。
○近さんは、袋に早く入れてよと思っている
平行線のまま…○近さん、遠い日本の記憶を手繰り寄せ…「!」
でも、頭にあるのは、レジの人が、ひとつ前の人のは袋に入れていた現実。
アメリカと日本の差など…と思っているところで
店長さん登場…事情を話し合うことで納得をして帰宅の途に。
翌日、○近さんのおねぇさんが実家に現れ…「××で問題起こしたでしょ!!」と一言
おいおい…
自称大したことのないプロテニスプレーヤー○近さんですが、地元ではいまだに有名人のようです。家族そろって。
と、こんな事件もあったよ…でした^^;耳で聞く笑い話は字にすると面白くないかも、ですね。

と、いうカルチャーな話をしているうちに目的地に到着です。
逕サ蜒・092_convert_20100309102629
この日は、開放日ということでゲストは一杯ですが、まずは発射台見学に出発です。

*○近さんの書くオーランドにようこそも見ごたえがありますよ

テーマ : 海外クルーズ
ジャンル : 旅行

下船・・・
IMG_0714_convert_20100309095305.jpg
ラストショーの興奮がどこかに残っているような朝です。と、いっても、することは換わりません。朝食を食べて…このときにテーブルスタッフにチップを渡します。クルーズでは、チップは決まっています。心付けとして増額する人もいますが俺は規定のまま。実は誰がどのスタッフか解らなかったからなのです。
昨晩(最後の夜)に部屋に戻るとテーブルには、チップを入れるぽち袋が4つとクレジットの申込書がおいてあります。現金を使う必要の無いクルーズの場合、チップもクレジット支払いというものができるそうです。まぁ、人間関係上は、直接会って渡したいので決まっているので用意しておく方が得策ですね。
チップとは別にメッセージを添えるのも良いですね。相手にもよりますが喜んでくれる人はとっても嬉しそうに会話をしてくれます。会話にならない分、愛妻は、気持ちをこめて手紙を一生懸命書いていましたね。
で、船が港に着く頃になると階段は降りる人であふれます。
何をあわてることがあるのだろう。と、言いたいところですが、色々とあるのです。実は…。
参考までですが、港からはバスが出ています。WDWの各ホテルとパークに行くバスなのです。それに乗ることで今日を有意義に過ごせるというところですかね。もちろん空港に向かうバスもあります。こちらも飛行機の時間の問題であわてている人が多いですね。アメリカ国内線は、結構な数が飛んでいるのです^^
逕サ蜒・089_convert_20100308144722
と。いうことですが、支払いのチェックを忘れていた俺は、最終組みになりましたT^T
当然、ガラガラのゲートです。
のんびりと出て行きます。この辺は妻も子供も心得たもので、のんびりとまっています。
で、下船です。
逕サ蜒・090_convert_20100308144810
無事上陸。この後は次のツアーに向かいます。本来の予定は、牧師様に会いに行くはずだったのですが、アメリカ時間の前日に戻ってきているそうなので、たぶん今日は寝込んでいることでしょう。しっかりと時差の世界からの帰還ですから、またの機会を期待しながら、大陸に下りていきます。
で……、待ち合わせの方がいないです。
IMG_4595_convert_20100309095618.jpg
それにしても空はきれいです。
船から下りると、スタッフが一人駆け寄ってくれます。誰にでもしてくれるわけではないです。と、いっても、我が家が特別なわけではないのです。実は、キャリーバックがおいてある場所に残っていたのが、我が家のだけということです。
彼はキャリーにバッグを載せかえて、外まで案内してくれます。程なく扉が閉まるんですよね。
これで、暗い場所に案内されたら驚くかも。
荷物と一緒に一般車両の停車位置にいきます。ここでのチップは忘れないでね。
それにしても、気持ちのいい光です。大地に立って、空を見上げていると、何処かホッとするのは何故かな。何処か懐かしい世界といいたいところですが、記憶のどこにもこんな空は無い。空気の違いなんでしょうね。


テーマ : 海外クルーズ
ジャンル : 旅行

帰港…
長々と綴ってきた(中弛みがありましたが、最後まで見てくださった方ありがとう)DCLですが、船はゆっくりと港へと向かいます。
プライベートビーチのあるキャスタウェイケイを離れると、船の中はお祭りムードです。が、のんびりとしていられないのも事実なのです。できることなら、この夜には洗濯をしない方がいいですね。とっても混んでいます。我が家は前日に終えています。荷物の整理もほぼ完了ですね。残念なことに、船の中で変えるお土産はそれほど無いのです。見て回るのは楽しいんですけどね。買うお土産でお勧めというか、DCLにいたというお土産はそれほど無いです。陸で充分に帰るので、ここで買っておかないといけないというものは…ピンバッチくらいですね。
ピンバッチといえば、こちらではピントレードがお盛んです。
やっている人は、大人も子供ですが、大人の方が過敏に反応してくれます。
せっかくなので、もっていく方は日本製のピンバッチを持っていくと良いですよ。
日本製のピンバッチは、よく「くーる」「びゅーてぃふ」と言われます。デザイン上のスタイルの問題ですけど、受けは良いですね。あと、年名の入った奴や年代の入った奴も人気です。ピントレードをされる方は、ピンバッチのつけた物を首からぶら下げていると良く声をかけられますよ。
daisypurple67-img600x450-1267441648o0u2jm51217.jpg『こんな奴とか…』
なかなかレアなものを貰うこともあります。スタッフとの交換だと非売品が多くありますよ。日本ではあまりメジャーじゃ無いんですけど、結構、色々な日本的なものは多くありますから、探してみるのも良いかもしれませんね。
別にディズニーのやり方に文句をつけるわけではないですが、基本的にピンバッチやアイテムは、作りきり売り逃げが原則のようです。見逃せば手に入りませんよ~。そういうのを活用して、オークションをする人がいるのです^^。商品の希少性は、そうやって確保されるものですね。
それから…そう、CDが必要な人が行っておかないといけないことにCDの申し込みがあります。これは20時までです。20時には申し込みをしていないと、購入できないそうです。21時まで空いているんですけどね。理由はしりません。俺は、事前に問い合わせてもらって、事無きを得たのです。
翌日の大モメは、以前にも書いてありますね^^;インパクトのある事件です。
ディナーなどを終えて部屋に戻ると、通路はカバンだらけになります。これは、事前に荷物を降ろしてくれるシステムの所為です。知っている人は、たったかたったかやっていくんですが、「???」という感じでした。
島から戻り、部屋に入ると紙タグがあります。これは実は港の荷物を置く場所を示すものなのです。知らないから、「?」って片付けていたら、荷物を取りに来てくれて大慌てです。それも、タグをどこにやったのかわからないしまつ。仕方が無いのでデッキ3まで降りて、タグを貰いなおします。
な、なんと、8種類も出てきました。
部屋に戻ったときにタグを見ていて良かったです。全くもって。
で、タグを貰いなおして、部屋に戻って…あわてて、キャリーバッグにつけて廊下に出します。
バッグは程なくなくなります。必要なものは、小さなバッグに入れて、部屋に残しておきましょう。残しすぎると下船のときに大変ですよ。必要最小限だけにして、どうせ港ですぐに戻るので、多少は無理に片付けても大丈夫ですよ。


テーマ : 海外クルーズ
ジャンル : 旅行

あくせすカウンター
オンライン・カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

輝hikari

Author:輝hikari
いらっしゃいませ^^
つたない文が並びます
見ていく人が一つ何かを得てくれるように
もちろん情報を落として行っていただくのもOKです^^
*旅計画が無いときは微妙に更新が止まります

最新記事
ブロとも一覧

地球一周☆地球はでっかい宝島

イケてる貴方のレディース・ファッション・ライブラリ

旅つむぎ

『Owooo』の気まぐれ日記

世界一周旅行記 ~何がおこるかわからないから旅なんだ~
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
ページランク一括Checker
ページランク一括チェック
Present's by サンエタ
リンク
RSSリンクの表示
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策 SRS私設私書箱センター(電話) FC2ブログランキング FC2クチコミ広告 FC2プロフ 国内格安航空券サイトe航空券.com 旅ポケドットコム 12カ国語達人のバイリンガルマンガ 英会話スクールWILL Square FC2PIYO  無料・レンタル・掲示板 カウンター ホームページ フォーム ショッピングカート ブログ サーバー・レンタルサーバー